口の中を噛むと痛い!口の中の頬を噛むとザクって感触が恐すぎる

口の中を嚙むと痛い

先ほど、口の中を噛みました。右側のほっぺたの内側です。非常に痛い……噛んでしまったことを非常に後悔しております。

もっとゆっくり噛んで食べればよかった……もうこんな痛い思いはしたくないので、自分なりに反省の意味を込めて色々調べてみました。その備忘録をお伝えします。

スポンサーリンク

口の中を噛むと痛い

口の中を噛むと痛いですよね。口の中の内側の頬の肉を噛むと「ザク」って感触がします。ザクって音はしませんが、自分でもこの感触が分かるんです。

口の中を嚙んだ瞬間、「やっちゃった……」って、本当に後悔します。後悔しても遅いのですが、時間よ戻ってくれ!と願わずにはいられない瞬間です。

口の中には頬を噛んでしまったので、多少の出血があります。その出血の味が非常に気持ち悪い味なんです。

どのような味かというと鉄のような味がします。鉛のような鉄のような味がします。今、リアルタイムで味を確かめているので分かります。

それに口の中の皮膚を噛んでいるので、皮膚が傷付いております。自分の舌で確認してみると、ちょっとえぐれている感じです。えぐれて皮膚がぺランってなっております。

気分はすごくブルーになります。食欲も一気になくなりますからね。やはり口の中が健康な方が食欲も上がると思います。

現在は、何も口に入れたくない状態になっております。本当に口の中を噛んでしまったことに対して後悔でいっぱいです。

口の中を噛むのは疲れが原因?自律神経?

口の中を噛むのは疲れが原因なのか?自律神経が原因なのか?何が原因なのか?とても気になるので調べてみました。

まず私の体調ですが、実は最近かなり身体が疲れているのです。まぶたも重いしすぐに眠くなります。目を閉じるとすぐにでも寝てしまいそうな感じなのです。

おそらく相当疲れているのでしょう。自分でも疲れているのを感じますからね。

自律神経が乱れていると起こりやすい?

で、口の中を噛むのは疲れているのが原因なのか調べてみました。すると、「自律神経が乱れていると起こりやすい」というのが分かりました。ストレスと疲れがたまり、自律神経が乱れると口の中を噛みやすくなるそうです。

つまり私自身、相当ストレスと疲れがたまっているのだと思います。だから「口の中を噛んでしまったのではないか?」という結論に行きつきました。

疲れとストレス……正直相当たまっていると思います。毎日イライラしておりますからね。自分の意見が通らなければ親や子供に怒鳴ったりしてます。風呂にさっさと入れとか……ささいなことで毎日イライラしております。

最近の私の睡眠時間ですが、1日に15時間ほど睡眠しております。「寝すぎでストレスと疲れが知らず知らずのうちにたまっているのではないか?」と自分でも思っていたんです。正直寝すぎですよね……。

1日15時間の睡眠時間だと生活リズムも狂いますし、毎日何も仕事をこなせていない自分に対して「イライラしていた」のは事実です。だから、食事のときに口の中を噛んでしまったのではないかと思います。

料理も適当で早食いしていた

ストレスとイライラで料理を作るのも、愛情を込めずに適当に料理していましたからね。料理の材料も適切な大きさにカットしてました。適当で料理に愛情が入っていないのも原因かもしれません。

ストレスがたまると料理も雑になりますからね。なんか面倒くさくて……やる気にならないんです。シンクに食べ物を置きっぱなしですし、料理する場所の確保すらできていない……だから適当になるのだと思います。

食べるのも急いで食べてしまっておりました。急いで食べると、口の中を噛む可能性があるのかもしれません。料理を作るのも、食べるのも落ちついた状態で行おうと思います。ちょっと自分でもどうかしていたのだと思います。そんなに急いで食べなくてもいいのにと今では思います。

まとめ

口の中を嚙む原因は人それぞれだと思います。私の場合はストレスのたまりすぎが原因だったのだと思います。相当ためこんでいましたからね……。

ストレスがたまると、本当に周りが見えなくなるのでストレスをためないように健康的な毎日を送ることが大切だと思います。

今後は、口の中を噛まないようにストレスをためず、料理も愛情を込めて作ろうと思います。やはり愛情を込めて食べやすい大きさに材料をカットすることが大切だと思います。面倒くさいからって材料を雑にカットすると食べにくい大きさも混ざるので食べやすい大きさを考えて切りましょう。

そして食べるときはゆっくり噛んで食べましょう。ゆっくり嚙んで味わうことが大切だと思います。農家やお店の人に感謝して料理を作り食事をすることが大切ですね。

Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す