スロージョギングは室内でその場でできるの?やり方は非常に簡単

スロージョギング

ジョギングしてますか?私は毎日ジョギングしております。毎日夜の19時から走り始め30分から1時間ジョギングをしております。

毎日です。現在、3ヶ月目ですが1日もさぼっておりません。雨の日も風が強い日も1日もさぼることなく毎日必ずジョギングに出かけております。

その理由は、1日でもさぼると簡単にさぼり癖が付いちゃうからです。1日さぼると2日目も面倒くさくなります。そして3日目はもっと面倒くさくなります。で、気が付いたら1ヶ月くらい簡単にさぼってしまうのです。今まで、色んなことを頑張ってきましたが、本当に三日坊主が多かったのです。

ジョギングも何度も何度も挫折し、ようやく現在、連続で1日も休まずに3ヶ月継続できました。どうやら私は、1日でもさぼるとさぼる方向に流されてしまうのだと思います。

魚が川の流れに逆らって泳ぎ続けますよね。考えてみてください。川の流れに逆らい続けているから、その場所に踏みとどまっていられるのです。

もし、川の流れに逆らわずにいったん休んだとします。すると、川の流れとともに流されてしまうのです。さぼるほうにさぼるほうに流されてしまうのです。

いったん休んでさぼるほうに流されると、踏みとどまっていた場所に戻るのに、何倍も苦労しなければならなくなります。踏みとどまっているのがやっとだった人間が、流されて元の位置に戻れるなんてとてもできるとは思えません。

ジョギングで例えると毎日30分走っていたから、30分のジョギングで毎日継続できていました。しかし、1日さぼったら前日の30分を取り戻すのに、1時間走らなければならなくなるのです。1週間さぼれば3.5時間走らなければ取り戻せません。1ヶ月さぼれば取り戻すのに15時間です。

毎日走れば、30分なのに1ヶ月さぼれば取り戻すのに15時間……もう元の位置に戻れなくなるのです。魚が川の流れに逆らって頑張っていた元の位置に戻れないのと同じことなのです。

これを深く理解すれば、1日さぼることがいかに駄目なことか分かると思います。たかが1日……たかが1日さぼれば、もう元の位置に戻れないと頭に叩き込んでおいたほうがいいでしょう。

ジョギングに限らず、例えばこのブログでも同じです。たった1日さぼると、もう書けなくなります。流れに流されて、書けなくなるのです。

流れに逆らい泳ぎ続けることがジョギングでもブログ更新でも大切なことなのです。継続の肝なのです。

ですが、やはりどうしてもジョギングに行けない日がありますよね。その場合は、室内でスロージョギングをしましょう。

スポンサーリンク

スロージョギングとは?

スロージョギングは、歩く速度と同じくらいの速度でゆっくり亀のようにジョギングすることです。歩くのと同じくらいの速度なので、息が上がりにくくペースが遅いので走る続けることができるのです。

消費カロリーも高いので、ダイエットにおすすめなのです。消費カロリーはウォーキングの1.6倍ほど多いです。

ウォーキングと比べて身体が温まりやすく、私の場合だと冬でも汗が滲んできます。冬はニット帽を被って走るのですが、ニット帽の中は汗が滲んでいます。頭皮やおでこから汗が発汗されているのです。ウインドブレイカーの中の、シャツも汗でびちょびちょになっております。ウォーキングだと、ここまで汗は出ません。

汗を掻くのは気持ちいいので、散歩よりも汗を掻きたい方はスロージョギングがおすすめです。

体質にもよると思いますが、30代のアラサーの女である私が、冬にニット帽とウインドブレイカーで汗を掻いております。汗がニット帽からおでこに流れてきて目に入るので、タオルが必要なくらいですからね。鼻水も出ますので、汗を拭くタオルで鼻水も拭きながらスロージョギングしております。

スロージョギングは室内でその場でできるの?

スロージョギングは室内でもできます。雨が降っていたり、夜遅くなりすぎた場合は、私は室内でスロージョギングをしております。

スロージョギングはスローなので、室内でもうるさくないのです。まあ、個人差や体重も関係あるでしょうが、一度試してうるさくなければ開始してもいいと思います。

スロージョギングのやり方

私のやり方は、お風呂のマットを下に敷いて、その上で走っております。

「音楽を聴いたりテレビや動画を見ながら走ると、気が付いたら30分経過していた」って感じで走れるので室内でもおすすめです。

室内だと寒くないし、テレビや動画を見ながら運動できるので時間が経過するのも早いです。

継続するには目標設定が大切

ですが、「最初は3分走るだけで、もう疲れた……」とか言ってやめる人が多いと思います。それを「どこまで自分に厳しくできるか?」が継続の秘訣だと思います。

その場合は、やはり目標を紙に書いて、スロージョギングする目の前の壁に貼って、それを見ながらスロージョギングをするといいと思います。私も、3ヶ月毎日外にジョギングに行っておりますが、やはり目標設定があるからこそ頑張れているのだと思っているので。

目先のことばかり考えていたら継続できない

「どのくらいの期間走れば痩せられるの?」などの目先のことは考えずに、走る続けることで気が付いたら痩せていた。継続できている人は、そんな感じで考えているので継続できているのだと思います。

厳しいことを言うようですが、「すぐに疲れた」や「すぐにもう無理」なんて言う人は、自分を変えることはできないと思います。「厳しい流れに逆らい続けて泳ぎ続ける!」それがその場所に踏みとどまれる方法なのです。踏みとどまれなければ、弱い自分とともに流されていくだけです。

最後に

この記事を見て「頑張るぞ!」など何か気持ちが切り替わりましたら、是非コメントで目標設定を残してください。「頑張るぞ!って誰かに宣言する!」それが、自分を奮い立たせるためには必要なことだと思います。

私があなたを応援します。一緒に頑張りましょう!

Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す