炭水化物の消化時間はどのくらい?毎日食べるから調べてみた

お米

炭水化物って毎日食べますよね。私自身、考えてみたんですが、ほぼ毎日炭水化物を食べております。今日も朝食で食べましたし、昨日も食べました。毎日というか、毎食食べております。

気が付いたら食べている……そんな感じです(笑)もはや私にとってなくてはならない存在なのだと思います。ていうか、他の人たちにとっても炭水化物をかなりの頻度で食べていると思います。

今回は、炭水化物の消化時間について調べてみました。やはり毎日食べているので気になる存在ですからね。

スポンサーリンク

炭水化物の消化時間は?

炭水化物の消化時間はどのくらいなんでしょうか?とても気になるので調べてみることに。

  • うどん

消化時間は約2時間45分。グタグタに煮ると消化が良くなる。やわらかくなればなるほど消化が良くなる。風邪のときはやわらかいうどんがおすすめ。

  • 米飯

消化時間は約2時間15分。毎日食べるので気になる米飯は約2時間15分だそうです。へえ~……と思いました。

  • せんべい

消化時間は約2時間15分。せんべいも毎日食べます。私はおやつがないと頑張れないタイプの人間なので(笑)おやつは色々と食べますが、せんべいの頻度は高いです。消化時間は米飯と同じくらいなんですね。

  • 蒸しパン

消化時間は約2時間。蒸しパンおいしいですよね。フカフカしているので、高級な感じがします。せんべいを食べたあとに、蒸しパンを食べると、そのやわらかさにおどろきます。歯が痛いときは、せんべいを食べずにもっぱら蒸しパンを食べてます。最近、銀歯が取れている箇所が痛いので、せんべいより蒸しパンの方が食べやすいです。早めに歯医者に行かなければならないのですが……面倒で(笑)

  • じゃがいも

消化時間は約2時間30分。じゃがいももほぼ毎日食べてます。味噌汁に入れてもおいしいですし、カレーやシチューに入れてもおいしいです。安いときにまとめ買いしているんですが、高くなると手が出せません。安いときに沢山食べて、高いときは我慢しております。

ちなみに味噌汁に入れるときは、うす~く切って具にしております。うす~く切らないと中々沸騰させてもやわらかくなりませんからね。じっくり料理すればいいんでしょうが、じっくり料理するのが面倒なタイプなので(笑)食べればいい!って感じで、さっと作って、さっと食べてます。

  • そば

消化時間は約2時間30分。そばもよく食べてます。袋麺と乾麺があるんですが、袋麺は賞味期限が早いので、乾麺ばかり購入しております。袋麺だと沸騰時間が少なくて済むので、ガス代が節約できますが、賞味期限が短いので食べきれないことがあるんです。気が付いたら冷蔵庫の肥やしになっている場合があります。そのたびに、乾麺にしとけばよかったと後悔しております。

ですので、私は沸騰時間が延びるのですが、乾麺ばかり購入しております。乾麺は賞味期限が長いので、スーパーに行かなかった週も、「あっ!乾麺があるから行かなくていいや!」って横着ができるのがうれしいです。

乾麺のこと考えたら腹が減ってきました。今日の昼は乾麺にしようかと思います。乾麺と白米のコラボが最高においしいですからね(笑)

  • もち

消化時間は約2時間30分。もちもおいしいですよね。もうすぐ正月なので、もちの季節です。昔は正月にもちを食べる習慣がありましたが、最近は正月以外でも、もちを食べております。普通にスーパーに売っているので(笑)それにスーパーのもちって普通に安いので、結構な頻度で買っています。

きなこもちにしてもうまいし、あんころもちにしてもうまいです。雑煮も捨てがたいですね~。どれもメチャクチャおいしくてたまりません。料理もどれも簡単ですからね。やはり簡単な料理が一番です。楽ですからね(笑)

  • 焼きいも

消化時間は約3時間。焼きいもは最高においしいです。焼きいもが好きな女性は非常に多いですよね。なぜかは分かりませんが(笑)ちなみに私も焼きいもは大好きです。料理の仕方は炊飯器で、ご飯を炊くときに一緒に炊いてます。ご飯の表面に焼きいもの味が染み込んでおいしいんですよ~。それに炊飯器だと楽ですしね。やはり楽が一番です(笑)

まとめ

  • 炭水化物の消化時間は約2時間から3時間が多い
  • どれも毎日食べる食材が多い
  • 簡単に料理できる食材が多い
  • おかゆにすることで消化時間が早くなる
  • うどんもやわらかく煮込むことで消化時間が早くなる
  • よく噛んで食べることが大切

今回は炭水化物の消化時間について調べてみました。どれも約2時間から3時間ほどで消化できてしまうんですね。これからお昼なので、お昼はそばと白米と焼きいもの炭水化物コラボを楽しもうと思います(笑)

Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す