ジョギングの頻度は?毎日走ったほうがいいの?継続する方法は?

運動してますか?私はジョギングをしております。他には何もしてません。運動といえばジョギングだけですね。たま~にラジオ体操もしますが、頻度はやはりジョギングが多いです。

ジョギングを開始して早いもので3ヶ月経過しました。気がつけば3ヶ月経過しておりました。我ながらよく継続できたなあって思います。この3ヶ月継続できたのは何故なのか?頻度や継続する方法を紹介します。

スポンサーリンク

ジョギングの頻度は?

ジョギングの頻度ですが、私の場合は毎日継続してきました。1日も休まずに毎日です。

「えっ!うそ~!」と思いますよね。けど、本当です。雨の日も、雪の日も、台風の日も、欠かさずに毎日継続してきました。大変な状況でも「少しだけ走る」「5分だけ走る」「今日だけ頑張る」その気持ちで毎日欠かさずに走ってきました。

これが私が3ヶ月間ジョギングした頻度です。もちろん今日も走りますょ~(笑)

ジョギングを継続する方法は?

3ヶ月1日も休まずジョギングを継続できた方法をお伝えします。

最初に肝を言いますね。それは、「1日も休むな!」ってことです。これが全てですし、これが肝です(笑)単純ですよね。けど、本当にこれが全てなのです。

3ヶ月毎日欠かさずジョギングを継続できた理由は「1日も休まなかった」ただそれだけです。

噛み砕いて説明すると

ちょっと、分かりにくいですので噛み砕いて説明しますね。

私は今まで何度も挫折してきました。あるとき挫折する原因を真剣に考えてみました。すると、挫折する理由が分かったのです。それは「明日から頑張る」この言葉が挫折する言葉(理由)になるのです。挫折するときに、私が発していた言葉です。何かと理由をつけて「明日から頑張る」と先延ばしにしていたのです。

つまり挫折するときに「明日から頑張る」と「先延ばしにする」という言葉が必ずワンクッションあったのです。そして明日になると、また「明日から頑張る」と先延ばしにして苦痛から逃げていたのです。いったん「明日から頑張る」をワンクッションおくと、必ずそこで挫折してしまう自分がいました。

「明日から頑張る」は、永遠に頑張らない可能性がかなり高い言葉なのです。なぜならば、そこから立ち上がるのが非常に厳しいからです。厳しいから苦痛から逃れるために、ず~と「明日から頑張る」といい続ける人間になる可能性があるのです。

ジョギングを継続するのは本当に厳しい

ジョギングを継続するのは、本当に厳しいです。正直面倒くさいですからね……その「面倒くさい」で全てのやる気がシャットダウンしてしまうのです。冬のジョギングならなおさら面倒くさいです。それに非常に寒いので外に出る気が皆無になります。

私も何度もその気持ちを味わってきました。だからこそ……「毎日休まず続けること」しか継続する方法はないのです。現在も毎日休まずにジョギングを継続しております。毎日継続しておりますが用意をするときに毎日思います……面倒くさいなあ……と。

「3ヶ月毎日継続しているのに習慣にならないの?」「面倒くさいって思い続けるの?」って思いますよね。はい……思い続けます(笑)

面倒くさいものはやはり面倒くさいのです。3ヶ月続けようが、何年続けようが面倒くさいのです。それが分かっているからこそ、「1日でも継続を断つともう走り出すことができなくなると分かっている」ので無理やり継続しているのです。

人間は苦痛を避けたい生き物です。苦痛から逃げたい。その気持ちが強い生き物ですよね。誰だってそうです。だからこそ、1日でも逃げ出すとずっと逃げ続けることになるのです。「明日から頑張る」って理由をつけて逃げ続けることになるのです。それをどれだけ重要視するか?が一番大切なのではないかと思います。

簡単に言うと、一度逃げたら逃げ続けてしまう。それを自分自身どれだけ重要視できるかが大切なのではないかと思います。ジョギングを3ヶ月毎日継続する方法は、「逃げずに毎日立ち向かい続ける」その方法しかないと私はお思います。

まとめ

  • ジョギングの頻度は毎日
  • ジョギングを継続するためには1日も休むな
  • 明日から頑張ると一度逃げると、逃げ続けてしまう
  • 立ち向かい続けるしかない

厳しいことを言うつもりはなかったのですが、結果厳しいことを言ってしまいました。それだけ「継続するのは難しい」ということです。しかし、継続することで自分自身を高めることができますので、自分自身を高めたい方は多少スパルタですが、参考にしていただけると幸いです。

Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す