冬のジョギングの服装はどんな服装がいいの?すごく寒い冬でも走ろう

ジョギングをする女性

本日もジョギングに行ってきました。行ってきた感想ですが、メチャクチャ気持ちいい~!爽快って感じです。行く前は苦痛ですが、行った後は爽快な気分になります。この爽快な気分を味わうために毎日苦痛でも用意して走ることができているのだと思います。

それに毎日走ると気がついたときには勝手に習慣になり継続できるのでおすすめです。習慣の力は本当にすごいものだと思います。気がついたら継続できていますからね~。

しかし季節は11月……冬に差し掛かっております。ジョギングをするのもすごく肌寒くなる季節ですよね。今回は冬のジョギングの服装についてまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

冬のジョギングの服装

冬のジョギングの服装ですが、やはり秋と同様ウインドブレイカーがおすすめです。ウインドブレイカーだと風が身体に入るのをさえぎってくれるので身体の熱が逃げにくいのです。

外に出ると、最初は非常に寒いです。凍えるように寒いので、風邪を引くのではないかと心配になり家に戻ろうかと悩んでしまいます。それくらい冬は寒いです。

しかし、頑張って歩くと次第に温かくなってきます。身体がポカポカしてくるのです。首筋も最初はものすごく寒いのですが、首筋も温かくなってくるというか寒さになれてくるのです。不思議なものですよね。

で、その温かくなってくる熱を逃しにくいのがウインドブレイカーなのです。熱を逃がしにくいので、ポカポカの状態がずっと続くのです。

なので、冬のジョギングでおすすめの服装はウインドブレイカーだと思います。ウインドブレイカーは普通に、お店に売っておりますので一度試着に行ってみましょう。自分好みのウインドブレイカーが見つかるはずです。

冬のジョギングはニット帽がおすすめ

冬のジョギングの服装はウインドブレイカーがおすすめと先ほど話しました。確かにウインドブレイカーだと身体はポカポカするのですが、頭の部分までは覆えません。頭の部分と耳周りの部分が、冬のジョギングではかなり寒くなります。ですので、耳まで覆えるニット帽もおすすめです。冬のジョギングは耳がものすごく寒くなります。

寒くなって耳が痛くなります。走っているときに両手で耳を暖めるとジョギングのフォームがとれません。なので、耳はニット帽で覆うのがいいと思います。

ですが、道路などでは周りに注意する必要がありますので、道路でジョギングをする場合は、音がよく聞こえるようにしておきましょう。その場合は、耳の上側のみをニット帽で覆うようにするしかないと思います。耳の穴まで覆うと周りの音が聞こえにくくなる可能性がありますからね。

私の場合は、近所の一般開放されているグラウンドでジョギングをしておりますので、グラウンドに到着してからニット帽を耳まで覆っております。周りの状況を把握して、安全な場所でのみ、耳をニット帽で覆うようにしたほうがいいと思います。

自己責任ですが、周りに気をつけることもジョギングをするうえではマナーだと思います。マナーを1人1人守って、周りに迷惑をかけないようにジョギングをしましょう。

冬の夜のジョギングは寒い

冬の夜のジョギングは非常に寒いです。寒いので、継続するのが困難になりますよね。その場合は、できるだけ日中にジョギングすることをおすすめします。日中は冬でも、太陽の光で暖かいので、夜よりはマシだと思います。日没は本当に冷えますからね……。

どうしても夜にジョギングしたい場合は、ウォーミングアップをしっかりしてウインドブレーカーを着て行いましょう。もしくは冬用のランニングウェアを着込むのもおすすめです。スポーツ用品店に売っていると思います。

ジョギングから帰ったら

ジョギングから帰ったら、汗をきちんと拭きましょう。そして汗だくの服を着替えて、うがいや手洗いもちゃんとしましょうね。私の場合は、シャワーを浴びてスッキリしております。汗もスッキリするので、シャワーはおすすめだと思います。

まとめ

  • ジョギングの服装はウインドブレイカーがおすすめ。
  • 頭と耳が寒くなるのでニット帽を被ろう。
  • 寒いのでウォーミングアップが大切。
  • 帰ったら汗をしっかり拭こう。
  • うがいと手洗いを忘れずに。

ジョギングをするのも健康があってこそです。体調に気を使って体調のいいときに無理をせずにジョギングをしてくださいね。ジョギングは用意するときは苦痛ですが、走り終えると爽快な気分を味わうことができます。その爽快な気分を何度も味わうことで習慣化できるようになると思います。「また爽快な気分を味わいたい」この気持ちが大切だと思います。

Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す